2010年05月28日

美味しいマクロビオティック料理のレシピ




身体に合った食べ物を摂る事。
このバランスが崩れ続けることで、やがて身体は危険のサインを出します。
それだけ、食生活は健康の基本であると言えると思います。

では、そんなマクロビオティックの料理法を実践して行くにはどうしたらよいのでしょう?
明らかに難しいのでは?というのが、極々ふつうの方なら抱くであろう気持ちではないかと思います。

マクロビオティックの料理法を始めるにあたっていちばん簡単な方法。

それは『美味しいマクロビのレシピを真似する』ことです。

何事も習うより慣れる方が肝心です。
そして徐々にレシピをアレンジして、レパートリーを増やして行けばよいのです。
いきなり100パーセントをマクロビに出来なくてもよいのです。
マクロビの手法や考え方を溶け込ませて行けばよいのです。

最初のうちは、色々と考えたりしすぎて、
どんなレシピを作ったら良いのか?と悩んでしまうかも知れません。

マクロビオティックで毎日の料理を作っていく上で心がけたいこと。
それは、
『身体に良いからマクロビオティックで料理をする。』と言うのではなくて、
『美味しいからマクロビオティックで料理をする。』と言うふうにしたいものです。

結局、美味しくなければ、やはりストレスになってしまい、続けることが出来なくなってしまいます。
健康のために始めたマクロビオティックが逆に働いてしまっては、本末転倒です。

今回『美味しいマクロビオティック料理のレシピ』を伝授してくれるのが、
マクロビ料理の研究家で、フレンチのシェフでもある、富川浩一
先生です。




posted by Yuri at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビのレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。